2018/01/19

EMと古い油を再利用した万能石鹸

蕎麦屋さんからいただいた古い油。これに苛性ソーダとセラミックそれにEM活性液を混ぜると万能石鹸が出来上がります。
油よごれだけでなく、スポンジやたわしにぎとぎとが残りません。
ワイシャツや運動着の汚れも簡単に落とせます。

市場では、廃油をあつめるさい品質が保てないので、大手メーカーは作る事が難しいのであまり出回っていません。

作る時のコツは、①セラミック50gにEM活性液1Lを混ぜ、苛性ソーダを入れ軽くかき混ぜ放置します。10分ほどすると、苛性ソーダからガスが出て作業ができるので、10分おきに古い油を1L 合計3L混ぜます。
ずっと混ぜなくても、時間をかけると混ざります。

少し固まってきたら、注ぎやすい容器でタッパーに入れます。


冬だと5日 夏だと3日ほどで固まります。
埃が入りやすいので、新聞紙などでカバーするといいです。

使い方は、水分を含んだたわしやスポンジで石鹸をとり
汚れたお皿を汚れと石鹸で乳化させます。

石鹸の量は、あまりとりすぎない事。
お湯ですすげば、油汚れがきっちり取れます。
日曜日イベントがあるので、地球環境を守るために皆さんにも協力してもらいます。



2018/01/18

無意識の力

噛み合わないことが起きるのは次に良いことが起きる兆し。

そう考えるようにしている。

手に入れるもの想定ができれば、無意識がその方向に自分を導く。

2018/01/17

力を込めてラケットを振るという思い込み

テイクバックの時一度グリップを緩める。

そうすると予想外のボールも処理できる。

くるボールは必ず打ちやすいボールとは限らない。
人間には信念やプログラムがあるそうで

これ解除しない限り上達はしないようです。

2018/01/16

ヘンプとラベンダーのミツロウワックス

日曜日があるのでイベントのための蜜蝋作り。

蜜蝋天然油と無精製のミツロウを使っています。

ヘンプオイルとラベンダーの声も入っているのでとてもいい匂いです。


仕事はどんな事につながるか?

仕事はどんな事につながるか?
今までの客様の満足度 これからお客様になるであろう満足度をイメージする。

そういうイメージがポテンシャルやモチベーションをあげる。
小さな一つの作業 その積み上げがどんな事につながるかを知れば
非常にやりがいのある仕事になる。

自分の存在意義を確かめられる瞬間だ。
作業の合間に、今の仕事の「なんで」を確認している。

2018/01/15

社会に役立つ新年会

昨日は、私の友人を集めての新年会でした。
私のお友達取扱製品が個性的。

ソマチット EM 周波数装置 ハーモナイザー キネシオロジー鮮度にこだわったコーヒー豆等。

 取扱製品が非常に優れた製品またはサービスを行っている人たちが集まったりました。

大事なことは知らない概念を捉え、使ってみる体験してみることで、私たちの認識や思考の幅が広がるのではないかと考えています。

この世の中は全てが調和を保って進んでいくことばかりではありません。

だから、多くの人から学び世の中の問題点に、友人から私の学んだことが役立てば良いと考えています。

2018/01/13

New Year's party

大人の冬休みの宿題

お医者さんは、どこもいっぱい。
これ、みんな不思議に思わないのだろうか?

化学薬品を使った医薬品。
これ、細胞レベルからいうと破壊の方向に向かう素材。
栄養も免疫も上げない。

病気の症状はおさまるかもしれないが、肝心の自然治癒力の概念がないお医者さんは
病気は治せない。
体の細胞や血液を司るもの免疫。

これが近年解明された。
血液の赤血球より微小生物体ソマチットだ。

これはガストンネサンが開発した、高倍率顕微鏡で明らかになった。
小保方さんが発見したスタップ細胞がそれである。

これをマスコミが潰し、アメリカの企業が特許を取得したことはあまり知られていない。
このソマチットを紹介したアネモネの特集号は廃番に追い込まれ、いま薄い雑誌ながらamazonでは6000円の値段が付いている。

体の血液の質を上げることが、病気の改善につながるが
さらにこのソマチット 疑いや悲観などネガティブな感情でも堅い殻をつくり
活動を止めてしまう。

イライラしたりしても、病気は治りにくいということだ。
ソマチットを活性化するには、マイナスイオンや水素原子が有効だ。

マイナスイオンや水素原子は、ソマチットの餌となりミトコンドリアに電気を送りエネルギーを生み出す。

要するに、栄養や運動などだけでは健康になれないということだ。
大人の冬休みの宿題は、このマイナスイオンや水素原子を発生させる周波数装置の製作だ。
テスト的に知り合いの方にお試しいただいて、データを取っているが
軒並み、年配の方で腰痛や冷え性などの症状の方が3ヶ月ほどで改善。

バウンドテニス仲間のかたにも、5名改善例が見られた。
先日大会で女性の方がぎっくり腰をやって、午後のシングルス戦は棄権しようと私に教えてくれた。

カバンに入っていた周波数装置のベルトをかしてあげ、そのあと足裏を教えたげた。
痛みも和らぎ、なんとか試合に出られた。

結果はなんと大きな大会で三位に入賞した。
この周波数装置はハーモナイザーと呼ばれるもので

特定の長さの二本の銅線をねじってつなげたもの。
それをベルトにしただけの簡単な仕組みだ。

周波数は肉体やエネルギー体に有効な144Mhz 177Mhzで、頭に巻くと電磁波の電波も変換する。

今日はリングといって丸い輪の周波数所装置を製作していた。
リングは真円といって丸に近ければ近いほど、エネルギーがスムーズに回る。

作業を分けて
①銅線をねじるりおおまかに切断 水曜
②周波数の長さを計測し半製品を作る 木曜
③金曜の今日は、丸めたものをより真円にしてハンダで接着した

144Mhzのリングのハーモナイザーを10個製作。

今後同じように177Mhzの製品をつくる。
ハーモナイザーは松果体を沈静化することはわかっているが
不眠やパーキンソンの方の震え止まるのには驚いています。

なんども繰り返し練習して、より制度の高いものを製作したいと思います。
終わり。

詳しくは090-6620-1897 大橋 正幸までご連絡ください。

ハーモナイザー説明

2018/01/11

EM石鹸を初めて作った

EM石鹸。

これ、しってますか?
お台所天ぷらのあとの鍋のしつこい油汚れや
ワイシャツの襟の汚れ結構気になります。

私は男性なんですが、お皿洗いやワイシャツの襟の汚れって
ずっと気になっていました。

できれば化学薬品の入っていない条件で、汚れが簡単に落ちる洗剤を探していました。
EMは複数の微生物の総称をいい、農業や牧畜業の糞尿の処理などに使われるのは有名です。
EMなどの微生物を活用して野菜やお米を作ると、本当においしい作物が作れます。
無農薬は基本。
その上を行くのがEMなどの微生物をつかった農業です。

EM石鹸の作り方は簡単。
でも、料理と同じで作るところを見ないと、作れないんです。

先日郡山でEMの石鹸作り教室に参加。
作り方を聞いてきました。

でも天ぷら油の残りの廃油って、家庭ではそんなに大量に出ないので
材料の廃油を探していました。

伊達町にあるお蕎麦屋さん。
いい油を使っていて、動物性の素材を揚げないことから
廃油を譲ってもらえれば嬉しいなと思っていました。

先日ポリタンクを用意して、お蕎麦やさんにEM石鹸を作るための
廃油を譲ってもらいないかお願いしにいきました。

50代のご夫婦は、油の処理に困っていたらしく
廃油を譲ってもいいとのことでした。

そんな流れで今日初めての廃油の回収。
冬場はそれほどお客様が多くないらしく、この時期お蕎麦屋さんは静かだとおっしゃっていました。

私は冬の寒い季節でも、冷たいお蕎麦が好きなので廃油をいただいたあと
お蕎麦をいただきてきました。

自宅に帰り、材料を確認。手順をイメージして作りました。

10Lのバケツに①1LのEM活性液と50gのスーパーセラシーというセラミックを50gこれを混ぜます。
②薬局でかった450gの苛性ソーダを①に入れ軽くかき混ぜ5分くらい置いておきます。
この時有毒ガスが出るので、石鹸作りは屋外をお勧めします。

③廃油は3Lこれを三回に分けていれます。
油をいれてかき混ぜ、五分なじませる。
これを繰り返すと、なんども手でませる手間が無くなります。

(ほったらかしだから、ガスも吸い込みません)
④全体にねばねばになったら容器に入れます。

⑤通常は、牛乳パックを切って固めますが、私の自宅では、活性型カルシウムで体に良くない牛乳は飲まないので
ホームセンターで買った容器に入れて、大きく固めることにしました。
石鹸は固まるタミングを見ないと、硬くなりすぎ切りにくくなるのですが
ものぐさな私は、EMブロック石鹸というイメージで作ろうと作戦をねっていました。

FBなどでも、EM石鹸を投稿、販売の予定を投稿したら欲しい方が結構いました。
明日も仕込み、 300ml 500mlをそれぞれ10個作りたいと思います。

この作り方はオリジナルですので、自己責任でお願いします。

私、早く作るにはとか効率を考える方かもしれません。
今倉庫でEM石鹸少しずつ固まっています。

EM石鹸の作り方を教えてくださった方、廃油を提供してくださったお蕎麦屋さん、
皆様に感謝です。

これで地球をよごさない、汚れ落ちのいい石鹸が出来上がります。
明日が楽しみです。

文章のスキルアップ

「禁断のコピーライティング」

Photoリーダーだけあって情報量が多い

神田 昌典著

主語を相手で物事を考えるって

そういう考え方で文章書けば伝わるんだと再認識

一緒にDaigoさんの「人を操る禁断の文章術」も併読中

仕事ができる人はそれぞれの間メソッドをきちんと実践している。

メルマガ「ダ・ビンチのつぶやき」

メルマガ購読・解除
 

Power Stoneの世界。

Power Stoneの世界。
妹的ブログ

フォロワー

Twitter